本文へジャンプ

精度100%が期待できる新しい卵巣癌早期検査法

新しい卵巣癌(がん)のスクリーニング法により、早期段階の検査で100%の精度が得られる可能性があることが報告されました(Cancer Epidemiology, Biomarkers & Prevention Research,オンライン版で8月10日)。

この検査法では1滴の血液を採取するだけでよく、その分子を気化させ帯電させた後、質量分析法(mass spectrometry:MS)と呼ばれる最先端技術により分析します。

現在は早期に卵巣癌を検出できる有効なスクリーニング法がないため、卵巣癌患者の約80%は疾患がかなり進行してから診断されます。そのうち治癒の可能性があるのはごく一部ですので、卵巣がんのハイリスク集団にのみこの検査方法を利用したとしても、卵巣癌治療が大きく向上する可能性があります。

研究グループによると、被験者94人を対象とした初回試験の結果、この方法によって卵巣癌患者を正確に特定することができ、44人が卵巣癌で、50人が良性でした。

前回に記載しましたが、今年(2010年)6月には、米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次集会で英国の研究グループが別の有望な卵巣癌スクリーニング法について発表しています。この方法は、数学モデルを利用して閉経後女性の卵巣癌リスクを正確に示すもので、極めて高い精度(99.7%)が認められていますが、その有効性を評価する研究は現在も進行中です。

今後の卵巣がん早期発見の検査方法の進展に期待しましょう。


  • 無料問診相談申込み
  • 崎谷医師(医学博士・臨床心理士)の
  • 無料問診相談申し込み
  • ※ご相談内容を厳選して選考の上、
  • ご返答させて頂きます。
  • お申し込みはコチラ

■本情報・記事の著作権は全て崎谷研究所に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

無料問診相談申込み

ページトップへ