本文へジャンプ

卵巣がん(ガン、癌)の症状・特徴

卵巣がん(ガン、癌)の一般的な特徴・症状についてお話します。

  1. 卵巣がん(ガン、癌)の特徴
    • 婦人科領域のガンでは子宮がんに次いで多いがん(ガン、癌)です。診断確定される平均年齢が69歳と高齢です。子宮がんよりも死亡率が高く注意が必要です。特定の腫瘍マーカー(CA-125)やエコーで初期の段階で卵巣がんをとらえることができないために、進行卵巣ガンで発見されることが多いのが特徴です。
  2. 卵巣がん(ガン、癌)の症状
    • 卵巣は閉経後委縮するために、閉経後に卵巣が腫大するものは卵巣がん(ガン、癌)を強く疑います。
    • 卵巣がん(ガン、癌)が進行すると下腹部痛や腹部腫瘤で触知されます。
  3. 卵巣がん(ガン、癌)の危険因子
    • 卵巣がん:早い初経で遅い閉経(長い期間の排卵)、不妊症、BRCA1遺伝子、卵巣がん(ガン、癌)の家族歴(もっとも重要な危険因子)など。
卵巣がん画像
  • 無料問診相談申込み
  • 崎谷医師(医学博士・臨床心理士)の
  • 無料問診相談申し込み
  • ※ご相談内容を厳選して選考の上、
  • ご返答させて頂きます。
  • お申し込みはコチラ

■本情報・記事の著作権は全て崎谷研究所に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

無料問診相談申込み

ページトップへ